オーガニック化粧品とは?:オーガニック栽培の比率は何パーセント以上が妥当?

海外ではエコサートなどをはじめとしたオーガニック認証が各国ごとにあり、それぞれの制度でオーガニック栽培の比率が厳しく定められています。一方で日本にはオーガニック認証が活発とはいえず、また法的にもしばりがありません。そのため、ほんのちょっとでもオーガニック栽培の植物を使っていたら「オーガニックコスメ」とうたうことができる現状です。
では、実際のところ海外のオーガニック認証基準に匹敵するにはオーガニック栽培原料は何パーセント以上が妥当なのでしょうか?

日本ではまだ明確な基準値がない

オーガニックコスメのオーガニック栽培原料の比率について厳密な定義はなく、化粧品メーカー各社がオーガニック化粧品と銘うって販売されれば、それで通ってしまうのが現状です。
国によっては有機栽培植物原料の95%以上がオーガニック栽培植物であるという厳しい基準を設けている国もあります。そこまでいかずとも、最低限70%以上はオーガニック栽培になっていることが、どのオーガニック認証制度でも求められています。

オーガニック化粧品を販売するにあたっては、オーガニック認定を受けなければなりません。オーガニックの認定基準は世界各国で異なりますが、日本の基準としては、過去2年間、農薬不使用の土壌で栽培された植物を原料に作られたもの、農薬・化学肥料・遺伝子組み換え原料不使用という基準になっています。

植物原料なのかよくチェックすること

現在は、様々なコスメなどがありますが、自然に育生している植物が原料になってるので基準が曖昧です。同じような自然派化粧品を選ぶのであれば、オーガニック化粧品を選ぶとお肌により良いと言われています。

オーガニックコスメを選ぶ場合は、宣伝文句やキャッチコピーだけにとらわれず、成分表示を確認しましょう。実際、お肌に害がある化学成分が含まれている化粧品がありますので、オーガニック認定済み化粧品なのかをきちんと確認しましょう。そして、防腐剤、界面活性剤、鉱油、香料など化学成分が含まれていないかもチェックしましょう。また、お肌の保湿成分が含まれているのかもチェックしておくといいでしょう。

追加的な要素になりますが、オーガニック化粧品の香りについてです。オーガニックと聞けば何か味気ない無臭の化粧品という印象を受けますが、天然(植物)の香料は化学香料より香りが強いです。
精油が用いられているオーガニックコスメがたくさんあり、精油は苦痛を和らげ、気分をリラックスさせる効果もあります。オーガニックコスメは化粧品としてだけでなく香りも楽しめるコスメです。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ