「オーガニックコスメの成分・原料」の記事一覧(3 / 3ページ)

オーガニックコスメによく使われる成分・原料についての基礎知識コーナー。

防腐剤や界面活性剤、溶剤などは化粧品をつくるために欠かせません。でも、ふつうはケミカルな成分が使われています。
それではオーガニックコスメではケミカル成分の代わりにどのようなものが使われているのでしょうか?

これさえ読めばすっきりわかります。

ヒマワリ種子油 | 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか ヒマワリの種から採取されるヒマワリ種子油、別名サンフラワーオイルには、様々な効果と用法があります。主に美肌効果と美髪効果の二つが注目されています。

ツバキ油 | 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか ご存知の通り、ツバキ油は髪美髪効果があり、髪の毛を美しくしてくれるアイテムとして、古来よりとても珍重されています。ツバキ油に含まれるテオフィリンという成分に、髪の毛に潤・・・

スクワラン|化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか スクワランは天然系の保湿剤です。人間の体内で作られる皮脂油とほぼ同じ性質をもっており、皮膚への親和性が高いので、肌の弱い方でも安心して使えると言われています。

タール色素などの代わりにオーガニックコスメに使用される色素

化粧品では色付のために色素が使われています。タール色素などの化学原料が一般的ですが、オーガニックコスメではこれらの代わりにどんな原料が使われているのでしょうか?正しいコスメ選びのためにおさえておきましょう!

合成界面活性剤の代わりにオーガニックコスメに使用される界面活性剤

化粧品に欠かせない界面活性剤。一般的な化粧品には、ラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤が使用されています。オーガニックコスメでは代わりにどのような界面活性剤が使われているのでしょうか?

パラベンなどの代わりにオーガニックコスメに使用される防腐剤

一般的な化粧品には、防腐剤としてパラベンやフェノキシエタノールが使用されています。オーガニックコスメではこうした化学原料が使われませんが、では代わりに何が使われているのでしょうか?

サブコンテンツ