「オーガニックコスメの成分・原料」の記事一覧

オーガニックコスメによく使われる成分・原料についての基礎知識コーナー。

防腐剤や界面活性剤、溶剤などは化粧品をつくるために欠かせません。でも、ふつうはケミカルな成分が使われています。
それではオーガニックコスメではケミカル成分の代わりにどのようなものが使われているのでしょうか?

これさえ読めばすっきりわかります。

ティーツリー葉油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか 殺菌力に非常に優れているティーツリー葉油は、かゆみ止め、擦り傷や切り傷の応急処置として使われることが多いです。そしてその強い殺菌効果を活かして、日本を初めとした各国で、・・・

ローズヒップ油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか ローズヒップ油は、脂肪酸やビタミンを豊富に含む天然のオイルです。美容液の王様として評価されているほど、世界的にも話題になっている成分で、スキンケアのオイルとして古くから・・・

ラベンダー油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか ハーブの中でも人気の高いラベンダー油は、オーガニックのコスメやナチュラルコスメでよく使用されています。ラベンダーの香りには鎮静効果があり精神面の疲れを癒してくれて、スト・・・

石油や合成油剤の代わりにオーガニックコスメに使用される油剤

植物オイルを使用 石油や合成油剤の代わりに、オーガニックコスメではオリーブ油やアーモンド油といった植物オイルなどが油剤として使用されています。合成油脂というのは、安くて大量に生産することができ、長期間保存できるという長所・・・

ダイズ油 化粧品としての効果効能

### 化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか ダイズ油は、私たちの生活に幅広く浸透している成分でしょう。食用、コスメ用品共に、多くの人が毎日使ってきているものです。刺激を和らげ、乾燥を防ぐ効果があり、伸びが・・・

イランイラン花油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか イランイラン花油は、何とも言えない濃厚なエキゾチックな甘い香りが印象的な方も多いかと思います。イランイラン花油の主な効果効能についてですが、お肌の皮脂分泌バランスを良く・・・

合成溶剤の代わりにオーガニックコスメに使用される溶剤

無害でお肌に優しい成分 溶剤とは固体や液体を溶かす働きがあり、化粧品には合成溶剤BG(1-3プチレングリコール), 、PG(プロプレングリコール)が良く使われBGは植物エキスを抽出する際にも使われています。植物エキスが含・・・

合成香料の代わりにオーガニックコスメに使用される香料

天然の精油 一般的な化粧品に含まれている合成香料の代わりに、オーガニックコスメではラベンダー油や、ダマクスバラ花油、ゼラニウム油、ペパーミント油、ジャスミン油、バラ油など天然(植物)の精油が使われています。 香料は食品や・・・

レウコノストック/だいこん根発酵液 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか レウコノストック/だいこん根発酵液は、天然の防腐剤としての効果が高いとされています。そのため、スキンケアアイテムとして使用することにより、お肌の老化を防止し、若々しく保・・・

ゲットウ葉油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか 月桃(ゲットウ)葉油は、コラーゲン合成促進効果が高いためアンチエイジング成分として注目されています。吹きでものやニキビ肌を整えてくれるため、トラブル肌にも有効的です。年・・・

サブコンテンツ