オーガニック認証「BDIH(ドイツ)」の認証基準まとめ

ドイツのオーガニック認証「BDIH」についての解説ページです。

発足の経緯

完全自然派、無添加の化粧品として、最近注目を集めているオーガニック化粧品ですが、いかにも体に良さそうなので、製薬会社から出ている化粧品から乗り換える人は多いと思います。
しかし、一口にオーガニック化粧品といっても、その種類は様々です。
オーガニック化粧品として認定されるには一定の基準を満たすことが必須ですが、その基準はそれぞれの国によって異なるからです。

それでは、ドイツのドイツ化粧品医薬品商工連盟(BDIH)が定める、オーガニック化粧品の基準をチェックしてみましょう。
BDIHとは、自然派化粧品やオーガニック化粧品が急増する中、誰でも安心して使える化粧品の基準を定めるために、アドバイザー的存在として設立されました。1996年、19の企業が集まって設立されたと言われています。また、BDIHの認定は、世界で初めての自然派化粧品のガイドラインとして知られています。

具体的な基準内容

石油由来原料に関する基準

  • 合成色素や合成香料といった石油由来の原料を使用しない。
  • 防腐剤は防腐効果のある天然の材料を用いて作る
  • 自然界に存在する安息香酸やエチルエステル、アスコルビン酸などの使用は認めるが、配合する場合は必ず製品に表記する。

植物由来原料に関する基準

  • 乳化剤、界面活性剤は、植物脂肪、ワックス、ラノリン、プロテインなどの原料を用いる。
  • 有機栽培か野生群生の植物を用いる。
  • 遺伝子操作された植物を利用しない。

動物由来原料に関する基準

  • 動物実験をしない。
  • 動物由来の成分を使わない。

その他の基準(完成品に対する制限、放射線照射など)

  • 放射線による防腐加工をしない。
  • リサイクル可能な容器を使う。
  • フェアトレードを推進し、環境にもやさしい企業であるよう心掛ける。

石油や動物由来の原料、放射線を含む原料を使わず、なるべくオーガニックであること、そして環境にやさしい商品であることが求められるようです。フェアトレードを推進している点も、好感度が高いですね。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ