オーガニックコスメとは?:石油由来成分が排除されており高い安全性がある

オーガニックコスメの大きな特徴のひとつとして、石油由来成分が排除されていることが挙げられます。石油由来成分が含まれていないことで、どのような効果が見込まれるのか?見て行きましょう。

オーガニックコスメは自然由来成分配合

オーガニックコスメは石油由来成分が排除されています。オーガニックコスメは自然由来成分配合が特徴のひとつで、お肌に低刺激で優しく、副作用が少ないことからアトピーや敏感肌タイプの人でも使える化粧品です。

私たちが本来持っている自然治癒力を高めることに重点がおかれた化粧品ともいえます。化学成分が全く配合されていないか、あるいは配合されていてもほんの少量含まれているだけです。(オーガニック認証基準内)

中には化粧品を長持ちさせる防腐剤などの添加物が一切含まれていない化粧品もあります。使用期限も決められていて開封すると2・3ヶ月のうちに使いきってしまう必要があります。最近のオーガニック化粧品にはアルコールフリー、パラペンフリー、鉱油フリーと表示されている化粧品がたくさんありますが、石油由来成分が含まれているとお肌へのダメージが大きいです。

ごく少量含まれているだけでも洗浄力が強いとともに殺菌力も強いので、そのためお肌への刺激が強く、肌バリア機能が低下肌の乾燥を引き起こし、肌荒れなど肌トラブルが多くなります。ですので、石油由来成分が含まれている化粧品は、お肌が弱い人は合わないかもしれません。メリットとしてはごく少量でも長期保存ができるということです。

石油系が含まれていると・・・

石油系といえば、パラペンが思い浮かびばすがパラペンは紫外線をカットすることからUVケア化粧品にも使用されています。さまざまな用途に利用されている石油由来成分ですが、使い続けていると発ガンの可能性があるという不安があります。
石油由来成分が配合されている化粧品は短期に使う分には安全に使えても長期間使用になると健康被害が懸念されるので注意する必要があります。

注意した方がいい石油由来成分は洗顔料やクリームにつかわれている界面活性剤、防腐剤、鉱油、香料、合成色素などです。
防腐剤は長期保存料としてほとんどの化粧品に使われています。フェノキシエタノール、パラペンなどと表示されています。石油由来成分は発がん性の危険があり、ホルモンバランスの崩れ、神経系ダメージなど健康被害を引き起こすのでスキンケア化粧品選びには注意する必要があります。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ