オーガニックコスメと無添加化粧品の違い

「無添加化粧品」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。オーガニックコスメとの違いは何なのでしょうか?

無添加化粧品とは

無添加化粧品というのは、原材料が化学成分の場合があり「何%無添加」などと表示されているだけです。一方、オーガニックは原材料が無農薬の土壌で育った植物が使われていますので、100%安心で安全な化粧品となっています。しかしながら近年では、限りなくオーガニックに近い無添加化粧品が数多くあります。

この化粧品はオーガニック化粧品よりも安く比較的手に入りやすい化粧品です。「限りなくオーガニックに近い」というのは、オーガニックの認証を受けていない外国産の植物エキスや、国産の植物エキスが原料に使われているものがあることから「限りなく近い」と言われています。

オーガニックの認証を受けていないながらも、オーガニック無添加化粧品とされているようです。安くてお肌に優しい化粧品を使いたいのなら、こういったオーガニックに限りなく近い無添加化粧品を選ぶのも一つの方法ともいえます。

「オーガニック認証済み」があるかないか

実際に無添加化粧品とされている化粧品の中には、原材料に植物エキスが使われているものが多いです。化粧品メーカーのHPなどを見ていると化粧品に使われている植物エキスの説明と宣伝が大々的に説明されています。
無添加化粧品のなかには、原材料の80%がオーガニック原材料と表示された化粧品があります。

例えば、パラベンフリーなど、このところよく表示されていますが、化粧品に含まれている化学成分のすべてに害があるとは限りません。防腐剤・保存料などは特にそうですが、逆に入っているほうが化粧品を長持ちさせる効果があり安心ともいえます。
無添加化粧品は、やはり人気のスキンケア化粧品となっており、こういった化粧品は限りなくオーガニックに近い無添加化粧品と言ってもいいでのはないでしょうか。オーガニックの認証を受けていないので値段も安いです。オーガニック化粧品と無添加化粧品の大きな違いは、「オーガニック認証済み」があるかないかということです。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ