合成香料の代わりにオーガニックコスメに使用される香料

天然の精油

一般的な化粧品に含まれている合成香料の代わりに、オーガニックコスメではラベンダー油や、ダマクスバラ花油、ゼラニウム油、ペパーミント油、ジャスミン油、バラ油など天然(植物)の精油が使われています。

香料は食品やコスメ用品などに香り付けに使われますが、香料にもいろいろな種類のものがあり、大きく分けると合成香料と天然香料と分けられています。

天然(植物)の精油から抽出された香りの効果としてはリラックスさせる効果などがあります。そしてオーガニックコスメに使われる際には、香り付け以外に防腐効果を高めるということでも香料として使用されています。

オーガニックコスメに使用されている天然の香料は動植物が原料になっていて約1500種類以上もあり、化粧品に使われている香料は約200種類です、植物から作る香料は、種子、幹、茎など、エキスを抽出する場所により香りの強弱・持続時間に違いがあります。

植物全体からできた精油の中には医薬品にも使われているものもありアロマ効果を期待することも出来ます。また合成香料と天然香料がブレンドコーヒーのようにブレンドされた調合香料があり、香りの強弱の為に化粧品によく使われる方法です。

化学香料の危険性

化学香料の危険性についてですが、大量に摂取した場合、体の健康に悪影響が出るものの、体に取り入れる香料はごく微量で人体には影響することはないと世界保健機関によって言われています。
ですが、香料をつくる工場で働く人の中には、閉塞性気管支炎を患う人の割合が高いのは事実です。

医師や専門家によると、実験で香料の影響を調べた結果、落ち着きがなく攻撃的な性格になりやすいなどといった報告があります。

化学香料は、安全性に問題はないと言われていますが、香料が使われている食品が多く、知らず知らずのうちに香料が体の中に取り入れられているのも事実です。ですので、全く体に影響がないとも言い切れません。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ