プロバンジオール 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか

プロバンジオールは主に化粧水や乳液、ジェルなどに配合されています。また、パウダーチークや、クレンジング、マスカラクリーナーなど、多岐にわたって幅広く使われている成分です。

プロバンジオールは大変高い保湿力を有しており、グリセリンと併用した場合、さらに持続的に素晴らしい保湿効果を発揮します。乾燥した肌の奥に染み込み、ふっくらとした柔らかい肌を作ります。プロバンジオールを配合した化粧水などを使用した場合、肌はつるつる、すべすべ感と、しっとり感の両方の効果を期待することができるのです。

化粧品として売られている以外にも、プロバンジオール単品として売られていますので、精製水などとまぜて、保湿剤として化粧品を手作りする人もいるそうです。
かつてプロパンジオールはラットを用いた実験で、毒性が認められたと言われていました。現在では研究も進み、安全な成分の一つとなりましたし、プロパンジオールと一口に言っても様々なタイプの成分のものがあるそうですので、化粧品に使われている分には全く問題がないと言えるでしょう。乾燥肌で悩んでいるはとくに、化粧品に取り入れていきたいですね。

原料、一般的な製法、主な原産国

「プロバンジオール」は、世界最大手の医薬品メーカー「デュポン社」が開発した、トウモロコシなどの植物デンプンに含まれる糖を発酵させることで作られる、100%天然由来の無色グリコールのことです。無色グリコールは吸水性の高い成分の事で、化粧品として使用することで保湿力の高い商品を生成することができます。

デュポン社はアメリカの企業ですが、原料であるトウモロコシの原産地はアメリカに関わらず、各地で生産されているようです。ちなみにデュポン社はオーガニック認証を受けている企業です。ノンケミカルを考える方にも向いた成分と言えますね。

プロパンジオールは、髪の毛や頭皮に対しても良い効果をもたらすと言われています。プロバンジオールが含まれるシャンプーを使用すると、髪が柔らかくつやつやになると言われています。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ