ヒマワリ種子油 | 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか

ヒマワリの種から採取されるヒマワリ種子油、別名サンフラワーオイルには、様々な効果と用法があります。主に美肌効果と美髪効果の二つが注目されています。

ヒマワリ種子油は、美肌効果がとても高く、色々なスキンケアに使うことができます。その中でも代表的なものは、オイルクレンジングだと思います。お肌に負担を与えず、コスメなどの汚れをきれいに落としてくれるからです。美容オイルとしての効能が高い反面、値段が比較的リーズナブルなので、ぜいたくに使用できるのも魅力です。

また、クレンジング剤として有能なだけでなく、バスオイルとしても活用することができます。もちろん、お風呂上りにローションとして使うのも良いとされています。
そして、ヒマワリ種子油には、美髪効果もあります。シャンプー後の髪になじませれば、潤い溢れる美髪を作ってくれます。また、髪を洗う時のシャンプーにも、ヒマワリ種子油が含まれている時があります。

原料、一般的な製法

ヒマワリ種子油はヒマワリの花の種から採取されます。ハムスターの大好物として有名ですが、人間の美容にもとても効果的なアイテムなのです。ヒマワリ種子油の原産地は中南米ですが、現在ヒマワリは世界中で栽培されています。もちろん日本でもヒマワリは栽培されており、その種を収穫して圧抽採取したものがオイルとして使われます。

その他の用法

リーズナブルな美容オイルとして名高いヒマワリ種子油ですが、食用の油としても活用されています。ナッツのような香ばしい風味があります。意外と知られていませんが、マーガリンの原料は実はヒマワリオイルなのです。また、マーガリンとして使う他にも、ドレッシングの材料として人気です。
ただ、ヒマワリ種子油に豊富に含まれるリノール酸は、熱の影響で参加しやすい性質があります。そのため、高温調理を必要とする揚げ物や炒めものには、あまり向かないかもしれません。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ