ダイズ油 化粧品としての効果効能

### 化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか
ダイズ油は、私たちの生活に幅広く浸透している成分でしょう。食用、コスメ用品共に、多くの人が毎日使ってきているものです。刺激を和らげ、乾燥を防ぐ効果があり、伸びがいいオイルです。さっぱりとした使用感が人気で、コラーゲンと似た働きを期待できます。

この為、乳液やクリームなどに配合されています。乾燥肌をしっとりと癒し、キメが整ったモチモチ肌を作り出します。エモリエント効果とあると言われており、皮膚を柔らかくさせる効果の事を指します。油分で潤いを与えるほか、柔軟性を高める効果が高く、また、栄養分を補給させる効果があり、美肌作用が高くなっています。

次に保湿効果ですが、自然の油分で、お肌を乾燥から守ります。カサカサとした肌を整える作用があるので、冬の季節などには相性がいいでしょう。また、天然の成分ですから、トラブル肌にもやさしく保湿効果を期待することができます。

また、皮膚の表面を覆って保護する効果も高く、整える肌成分としても有効的です。
油分で肌の表面に膜を作ることによって、お肌の水分が逃げるのを防ぎます。コラーゲンと似た働きもあり、年齢肌を若々しく見せる作用もありますので、キメを整えて、しっとりとしたお肌に仕上げてくれるのです。

### 原料、一般的な製法、主な原産国
原料は大豆(ダイズ)で一般的な製法としてはダイズの種子から採取します。主成分は、リノール酸、オレイン酸、パルミチン酸、リノレン酸(トリグリセリド)などとなっています。

### その他、成分や原材料の一般的な用途・効果効能
一般的には、食用として使われているのが有名です。現在、世界の脂生産量の第二位で、菜種油に次いで世界でもっとも多く消費されている油となります。私たちの生活になくてはならない油で、化粧品、食用共にお世話になっていると言える成分でしょう。

ドレッシング、マヨネーズやマーガリンなどの原料として世界で使われている成分です。安く、色・匂いも少ないので、てんぷらなどの繊細な料理にも適しています。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ