イランイラン花油 化粧品としての効果効能

化粧品としての主な用途・どのような効果効能があるか

イランイラン花油は、何とも言えない濃厚なエキゾチックな甘い香りが印象的な方も多いかと思います。イランイラン花油の主な効果効能についてですが、お肌の皮脂分泌バランスを良くする作用があることから、老化防止や皺、またニキビなどにも効果が期待できるため、女性にとっては利用価値の高いものと言われています。

オーガニックコスメや、ナチュラルコスメに良く利用されるのも納得ですね。そして、その効果は頭皮にも良いとされ、強壮と刺激の両方からヘアケアにも使われることも多く、シャンプーなどにもよく使われています。

またこうした美容以外でも、このイランイランの香りはリラックス効果や、情緒不安定の改善、怒りや不安、ショック、恐怖といった感情の鎮静などにも効果があるほか血圧降下、抗炎症などの効果、また一方でホルモンのバランスにも良い効果があります。

そうしたことからセクシャリティートラブルには欠かせない油として用いられ、その催淫効果で媚薬とも言われることもあるのです。インドネシアではイランイランの花を新婚カップルのベッドにまく風習があったり、ヨーロッパのある地域にも新婚のベッドに香りをしみこませる風習があるそうです。

原料、一般的な製法

イランイランは花の中の花という意味のハーブで、インドネシアやコモロ、フィリピン、マダガスカルといった熱帯雨林の国で生産されています。その製法は花を水蒸気蒸留法で抽出して得られるもので、蒸留の最初の方から新しいものが上質とされています。

こうした様々な良い効果がみられるハーブですが、コスメ以外での過度の使用の場合には、吐き気や頭痛が襲うことも有るそうですので、体調が悪い時などにはご注意ください。化粧品に含まれている場合での使用なら問題はないそうです。イランイランのエキゾチックな香りは、多くの効果もありますので、是非お楽しみください。

国産オーガニックコスメを徹底調査した結果… オーガニックコスメライフの推薦化粧品
↓↓HANAオーガニック↓↓
サブコンテンツ